内側と外側からの刺激

脱毛器

肌への負担

脱毛するにしても、脱毛サロンのマシンによっては施術ができない肌色もあります。それが日焼け肌で、ということは、脱毛したいユーザーが気をつけるべき点は『紫外線』ということになるでしょう。最近、紫外線にアレルギーを持っている女子が増えている話しで、脱毛サロンではリスクがあるために施術をお断りする場合もあり、納得せざるを得ない問題です。もちろん、除毛ならば利用することは可能です。自分自身が紫外線にアレルギーがあるかどうか、その判断もつかないのなら、目安としたいのは、赤みや痒み、水膨れの肌状態です。この場合にはフラッシュ方式の脱毛器機を使えないため、注意しましょう。また、日に焼けてしまい、肌が赤くなってしまう女子もいるでしょう。日頃から飲んでいるヤケドに効く薬を服用したり、塗布したりしているなら気をつけましょう。肌が過敏に反応してしまい、照射レベルによっては火傷になってその跡が残る可能性も否定できません。これは、自然食品となる漢方薬も同様です。もちろん、日焼けした肌を鎮める間、何もしないのかといえば、脱毛以外では光フェイシャルメニューが提供されています。肌のターンオーバーを正常に戻すことができるため、通常より早く施術を受けることができます。ちなみに、光フェイシャルですから、内側から肌が活性化するため、肌も強くなるメリットがあります。夏には肌のターンオーバーを促し、秋冬は紫外線量も少なくなるため、この時期に脱毛をするのがおすすめです。

Copyright© 2020 エステサロンとクリニックには違いがあるのでリサーチしよう All Rights Reserved.